記事の詳細

【レンダリング ツール】『軌道レンダリングシステム』【初心者~中級者】

『人物のレンダリング』に特化した、HDRI背景とカメラとライトのセット。

『背景とセット』なので、ライトが変なところから差すとか、この背景ならどこにライトをおけばいいの? とか考える必要はありません。

 

上級者でも、パッとレンダリングしたいときに超便利。

 

 

キーライトがー、リムライトがー、とか考えずに、

パッと『セットされたそれら』をロードしてくれます。

『真ん中に人間サイズのプロップ』がある時に最適なライトやカメラの距離です。

 

目標は、特定のキャラクターに最適な照明で最適なカメラビューを見つけ、時間のかかるプロセスをスピードアップして簡素化する。

被写体の周りにライトとカメラを配置し、それらを予測どおりに所定の位置に移動して調整できる

毎回新しい静的カメラとライトをシーンにロードする代わりに、ユーザーは同じ「被写体に焦点を合わせた」スタートアップ構成を使用

ライトやカメラの焦点中心、または使用時に被写界深度範囲を再調整する必要なし

 

  • 5つの特徴的なカメラを備えたカメラグループと5つの特定のライトを備えたスポットライトグループ
  • パノラマインフィニティステージグループ
  • Iray用の10セクションを備えたスケーラブルなサラウンドメッシュライト
  • 基本的なHDRアンビエント照明、および利便性を高めるためのサブジェクトグループ

 

MLA Orbital Render System by: michaleuart, 3D Models by Daz 3D

MLA Orbital Render System

  • アイテムデータ
    • アーティスト : michaleuart
    • このソフト、ツールに対応しています : Daz Studio 4.15, Daz to C4D Bridge, Daz to Maya Bridge, Daz to Unity Bridge, Daz to Unreal Bridge, Daz to 3ds Max Bridge, Daz to Blender Bridge
    • 対応レンダリング形式 : Iray、フィラメントPBR

関連記事

【Irayシェーダー】海岸の土。Seashores from Costa Rica 01: Iray Shaders and Merchant Resource

Mystique2 for Genesis 8 Female(s)

ページ上部へ戻る