記事の詳細

UltrueViolet Light and Glowing Shaders for DAZ Studio


ブラックライトで浮かび上がるような雰囲気を与えるライト。

『Uberenvironment2 Light』を使ったシェーダー(実際にはライトですが、使い方はシェーダー)

 

『Uberenvironment2 Light』というのは、Daz Studioに最初からついているライトの一つですが

とにかく謎だった(笑)私も、最近使い方を覚えたライト。

 

↓デフォルトだとここにあります。↓

130728_D2704

超簡単に言うと、『フィギアをライトにできる』ということ。

だから、『ライトアイテム』を置かなくてもライト効果が出ます。

使い方はシェーダーと一緒。

アイテムを選択して、このライトをロード。

 

↑の紹介画像だと、タイヤの部分にこのライトが使われています。

だから、タイヤが、タイヤの形をしたまま『ライト』になるので、こんなふうに発光しているんですね。

 

『発光』自体はサーフェイスの機能に最初からあります。

ただそれは、『光って見える』だけで『ライト』の効果はないんです。

 

↓こんな感じ。

【DAZStudio4】綺麗な青い目できました♪【非リアル&非アニメ】 | Create3D

目の光彩に水色の発光色を当てたところ。

この色はHardcore Utility Shaders DSのシェーダーです。

 

 

これをすると何がいいって

ライトの影になっても目の色が見えるんです!(漫画絵には必須!)(握り拳!)

↑の目は『光って見える』んですが、ライト効果はないので、肌が照らされたりはしません。

左からオレンジのライトを当ててるんですが、その影になっても水色の目が見えています。

オレンジのライトで青い目を照らすと、普通は黒くなってしまうのも回避できます。

↑は、『サーフェイスの発光』。

 

↓これはそういう『サーフェイスの発光』とは違い、

『アイテム自体をライトに変える』ので、このシェーダーを当てた周囲はライトに照らされることになります。

UltrueViolet Light and Glowing Shaders for DAZ Studio

勿論、もっと明るい、太陽のような光量を出すこともできますが、

このシェーダーでは、このようにふんわりと蛍の光のような発光のパラメータがついてるんですね。

 

使い方はシェーダーですが、ライトです。

使い方は簡単♪

 

  1. 発光させたいアイテムをシーンで選択。
  2. ウルトラバイオレットの、好きな色をロード。

 

プリセットをクリックするだけで↑の効果が付くので、簡単です♪

 

 

アバター 3Dブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012-11-23)
売り上げランキング: 668

↑の映画をごらんになったことはあるでしょうか?

夜のシーン、植物が発光して凄く綺麗でした。

あれと似た効果が、このライトで出ます。

シーンに植物を敷きつめて、その植物にこのライトを適用すると、植物がぼんやりと発光します。

関連記事

Sickle Rigging and Morphing System

DG Shader Essentials

ページ上部へ戻る